個人情報保護方針

2005年4月1日から施行された「個人情報の保護に関する法律」に伴い、宮城県年金協会では、この法律に基づき、会員の皆さまの個人情報について、適正な管理・利用と保護を行っていくため、個人情報の取扱い関する方針を定めております。

1 個人情報に関する法令等の遵守

個人情報の保護・取扱い等にあたっては、「個人情報の保護に関する法律」及び「宮城県年金協会 個人情報取扱規則」を遵守します。

2 宮城県年金協会の責務

年金生活をサポートする事業を行う当協会は、加入者(会員)の氏名・住所・電話番号・生年月日・会費納入状況等の個人データを保有することから、適正な個人情報の取扱いに努めます。

3 個人情報の安全管理措置の徹底

取扱う個人データの漏洩・滅失又は毀損の防止に努めるとともに、安全管理のための適切な措置を講じます。

4 個人情報の取扱いに関する事項

(1)個人情報の漏洩等があった場合は、関係機関(一般社団法人 全国年金受給者団体連合会 等)に通知するとともに、対応策について協議し、適切に処理します。

(2)個人情報の保存期間は、退会(死亡を含む)後5年までとします。

(3)本人から、本人に係る個人データの開示の求めがあった場合は、速やかに全部を開示します。

5 内部管理体制

個人情報保護のため、個人データ保護責任者を置き、内部管理体制の継続的な改善に努めます。
事故・苦情等の連絡先は、宮城県年金協会 専務理事とします。